あおば法律事務所
業務内容

業務内容

離婚やこれにともなう様々な問題 [慰謝料、財産分与、子どもの親権、養育費、年金分割]
例えば、こんなご相談があったとします・・・

: 父が病気で死亡しました。父名義の財産は、銀行預金があります。きょうだいは兄と私の二人だけです。その兄が、自分が跡取りだし、生前面倒を見てきたから、父の遺産は全て自分に権利があると主張しています。実家の家と土地は、父の生前、既に兄に贈与されて名義変更されていました。生命保険の受取人は母です。父には借金もあったようです。私には何も権利がありませんか?

: 遺言書の有無を確認しましょう!

 お兄様が、自分が跡取りだと主張されています。長男の方がそのような主張をなさるケースは、よく見受けられます。しかし、今の民法は、明治民法の定めていた家督相続と違って、被相続人の子どもたちは均分相続とされています。したがって、あなたのケースでは、お母様が1/2、お兄様とあなたが1/4ずつの相続分を持つのが原則ということになります。ただし、全ての遺産をお兄様に相続させるというような遺言状があるなら話は別です。まずは遺言状の有無をお兄様に確認しましょう。なお、仮にこうした遺言状があったとしても、あなたには、遺留分という権利がありますので、いずれにしても、権利が全くないと言うことはありません。


 

生命保険金は原則固有の財産
 次に、あなたに相続の権利があるとして、対象となる財産かどうか検討する必要があります。その中で、お父様を被保険者とする生命保険金については、受取人がお母様と指定されていますので、この保険金請求権はお母様の固有の権利となり、原則として、相続の対象とはなりません。例外的に、遺産全体と比較して、めて高額な保険金が出る場合に、その受取人の特別受益と認めて全部または一部を相続財産に持戻すよう裁判所から命じられたケースもあります。



生前贈与は特別受益
 「婚姻、養子縁組のための贈与」及び「生計の資本としての贈与」は、特別受益として、相続財産への持戻しを求めることができます。あなたのケースでは、お父様がお兄様に生前贈与で名義変更した実家の土地と建物について、相続財産の前渡しと見ることができる性質の贈与ですから、原則として、お兄様の特別受益として、相続財産に加えて相続分を計算することになります。例外的に、お父様が、持戻しを免除する意思表示をしていた場合には、持戻しの対象から除外されます。

 

親の面倒を見たことは寄与分?
 共同相続人の中に、被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした者があれば、その者に対し、相続分以上の財産を取得させる制度を寄与分と言います。お兄様が、「親の面倒を見た」と主張されている内容が、民法の規定する特別の寄与に当たるのかどうかを検討する必要があります。お父様がご病気だったということで、例えば、お兄様やそのご家族が、お父様の療養看護に努めたということであれば、それによって医療費や介護費用の支出が避けられたので相続財産を維持できたということで、寄与分が認められることがあります。もう少しお兄様の主張内容を確認しましょう。なお、遺留分の計算をする場合には、寄与分は考慮されません。

 

借金も相続の対象
 注意しなければならないのは、遺産相続では、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産である借金も相続の対象となります。そして、遺産分割協議がどうなるのかとは別に、金銭債務は、法定相続分に応じて当然に負担しなければなりません。つまり、あなたは負債総額の1/4の借金を当然に負担しなければならないのです。預貯金やお兄様の特別受益の持戻しで計算されるあなたの相続分と、負債総額の1/4とを比較してみて、もし債務額の方が大きいようであれば、相続を放棄することも検討した方が良いかもしれません。相続放棄は、相続開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所で手続をとらなければなりませんので、注意してください。

 

弁護士に相談をしましょう
 あなたのケースでは、お兄様に確認しなければわからないことが多々ありますが、それは別にしても、銀行預金やお兄様の特別受益に対して、あたなにも権利があると思われますので、まずは共同相続人で遺産分割協議をしましょう。寄与分をどうするのかも、その協議で決めることができます。話し合いでまとまらなければ、家庭裁判所に調停を申し立てることもできます。ただ、借金の相続という問題もありますり、それ以外にも法的な問題を多く含みますので、弁護士に相談されることをお勧めします。

>>業務内容一覧へもどる