あおば法律事務所
借金の返済や多重債務について

借金の返済や多重債務でお悩みの方
あるいは過払い金返還請求をご検討の方へ

いわゆる多重債務(借金)の問題で悩んでいる人は多いようです。借金に借金を重ねて返済が困難になった方については、弁護士が相談を受けながら、それぞれの相談者の実情に合った解決方法を見つけ出して行きます。借金の総額、債権者の数、債権者はサラ金か銀行か住宅ローンかヤミ金か、本人や家族の収入、家族の状況(例えば、進学予定の子どもがいるとか、病気で入院中の親がいるといったことも検討します)、あるいは取引期間等を検討して、適切な解決策を考えることになります。まずは思い切ってご相談していただければと思います。  参考までに、多重債務(借金)問題の法的な解決の方法として、どのような手段があるのかを簡単に解説します。それぞれの特徴や長所・短所については、ご相談の際に弁護士から説明します。どの制度を利用して解決することが妥当なのかは、弁護士と十分相談して選択することをお勧めします。

地方裁判所に自己破産の申立をします。返済不可能と判断されれば、地方裁判所で破産手続開始決定(いわゆる破産宣告)を受け、最終的に裁判所から免責許可決定を受けることができれば、借金がゼロになります。借金で苦しんでいる人が経済的に立ち直るための最後の手段です。

自己破産をすると住宅ローンが残っているためにマイホームを失ってしまうような方の場合、住宅ローン以外の借金について、定められた期間に定められた一定の金額を支払えば、免責される制度です。もちろん、住宅ローンはないけれども、安定した収入のある方で、自己破産まではする必要がない方でも利用できます。

裁判所を利用するのではなく、弁護士に依頼して、弁護士があなたの代理人として債権者と交渉をします。法律違反の高金利を取ってきた業者については、業者が違法に取得していた利息部分を元金に支払ったことにして、過去にさかのぼって法定金利で計算をし直し、法的に支払うべき債務が残れば、これを返済可能な条件で組み直す方法です。法的に支払うべき元金が残らなければ、支払義務がないことを確認します。さらに、実は元金がマイナスになる(払い過ぎだった)場合には、業者に払い過ぎの部分を返還させます(過払い金返還)。

簡易裁判所で、調停という形式を使って、任意整理(債務整理)と同じように金利計算をやり直したりします。

これらの手続を利用する場合の当事務所の弁護士費用等については、概略、次のようにしています(全て消費税込みの金額です)。これらの費用につきましては、ご依頼の際に一括でお支払いいただくようにお願いしておりますが、これが難しいようでしたら、分割払いのご相談にも応じておりますので、担当弁護士に、気軽にご相談ください。

手数料26万2500円+実費5万円=31万2500円

※ 破産管財人が選任される場合、裁判所に納める管財費用はこれと別になります。

※ 個人事業者や会社あるいは会社代表者の破産は、手数料が52万5000円となり、実費は状況に応じて検討します。

手数料42万円+実費15万円〜25万円

債権者1件につき、手数料3万1500円+実費1500円=3万3000円

※ 例えば、債権者が5件の場合、3万3000円×5件=16万5000円となります。

※ 過払い金の返還を受けた場合は、実際に返還されたお金の中から、受任契約で定めておく一定割合の報酬をいただきます。

※ 過払い金が実際に返還されたケース以外では、報酬はいただきません。

※ 過払い金請求の裁判をする場合の費用については、裁判を起こす際にご相談させていただきます。

任意整理(債務整理)に準じますが、熊本市外の簡易裁判所に出張する場合は、旅費・日当が必要になります。